キャッシングしているにもかかわらず他社で借入状況のウソをついた場合

他の会社でキャッシングをしているにもかかわらず、他社でお金を借りるためにウソの申告をするとそれによって審査に落とされてしまう可能性が極めて高くなりますので注意が必要です。
そもそも、キャッシングを他社で申請したとしても以前にお金を借入をしているという情報は信用情報という情報によって必ず他社にも伝わっています。そして、キャッシングでは総量規制という規制の影響によって一定金額以上の融資が出来ないようになっていますので、この限度額を満たす融資を既に他の会社から行って貰っているケースではキャッシングをすることが出来ません。
総量規制というのは、単純に融資の枠を制限する規制というわけではなく、もともとの目的は融資の安全性をより良くするために考えられたものだということを知っておく必要があります。総量規制があるかぎりは、それによって決められた以上の融資を行うことが絶対にできませんので、少なくとも借りたお金を返済することができなくなってしまうなどといった事態に陥ることはなくなります。貸したお金を返済することができなくなってしまうと消費者にとっても消費者金融にとっても不利になってしまいますので、そうならないように工夫をして総量規制という規制を設けているわけです。
このような規制の目的がありますので、キャッシングをしているのに他の会社から大きなお金を借りることは安全性を損なうことに繋がりますので、ウソの申告をしてはいけません。オリックス銀行カードローン審査も参考にしてみましょう。


Posted in キャッシング, 借入 and tagged , by with no comments yet.